和装着物のいろは

また日本にあこがれる外国の友人の影響もあり、すっかりアンティーク着物の魅力にはまってしまいました。

着物買取で楽しむ寒色系・暖色系の単衣・絽の着物

和服に使われる反物には、織り方や染め方によって様々な種類があります。着物買取では、こうした様々な種類の着物を豊富に取り揃えています。また、こうした反物の布地の違いは、和服に季節感を与えるものとしても機能します。和服と一口に言っても、季節ごとにどのような種類の和服を着るかの違いがあるのです。着物買取なら一年の季節の巡りの着物を一気に見ることができます。

一月から五月までの冬から春の期間と、十月から十二月までの秋から冬までの期間は、袷と呼ばれる裏地のついた仕立ての着物を着ます。着物の布地は主に正絹と呼ばれるシルク素材が用いられますが、この袷に使われる布地はしっかりとした厚みがあり、温かみのあるものが用いられます。

次に、単と呼ばれる裏地の無い仕立ての着物が着られるのが、盛夏前の六月と盛夏を過ぎた九月です。一年で一番暑い時期を前後に挟む単の時期は、涼しく着物を着こなすことができるように、裏地を省いて仕立てられたものを着るのです。この期間に着られる単の着物は、仕立てを裏地なしにしているというだけで、反物の布地は袷のものと同じものを使うことができます。

最後に盛夏である七月、八月に着られる着物は絽や紗といった透ける素材の反物を裏地なしで仕立てたものです。暑い夏の装いに相応しく向こう側が見えるほどに透ける素材は、布地を体に巻きつけて着る着物でも風のそよぐような涼やかさを演出することができます。単衣・絽の着物を上手に取り入れれば、暑い時期でも素敵に着物を装うことができるのです。

着物買取では、こうした絽や紗、単衣の着物も取りそろえています。また、単衣・絽の着物を着るときに注意したいのが、着物の色合いです。色には大きく分けて寒色系・暖色系という二種類があります。寒色系とは、青や紫や緑といった見たときに冷たい印象を与える色合いで、暖色とは、赤や黄色やオレンジなどの温かい印象を与えるものです。寒色の着物を選べば涼やかな印象、暖色の着物を選べば温かみのある印象を持った装いをすることができます。

これを応用すると、透ける素材で涼しそうな印象を作り出す絽や紗の着物ならば寒色系の物を選び、寒い時期に着る袷の着物なら暖色系を選ぶと、季節感を上手に演出することができます。着物買取では、四季の着物がたっぷりとそろっています。またどのような色を選ぶのかで全体の印象は大きく変わるので、着物買取で様々な種類の着物を見てイメージを膨らませることができます。

Copyright(C)2013 和装着物のいろは All Rights Reserved.