和装着物のいろは

また日本にあこがれる外国の友人の影響もあり、すっかりアンティーク着物の魅力にはまってしまいました。

着物買取豆知識:薄物・盛夏向けの絽・紗・麻

着物買取に持ち込まれる着物の多くは、大体が裏地のついた袷になっています。これは、近年は着物を着る機会が少なくなっていることに加え、どこに出かけるにしても空調がきちんとしているところがほとんどとなっていますので、時期をあまり考慮せずに少ない着物を使いまわすことができるようになっているためです。どうしても、スリーシーズン使うことのできる袷が最も活用しやすいですし、生地に厚みがあるので耐久性も高く、使い勝手のよさで軍配が上がります。

一方、着物買取では着物が好きな人が手ごろな価格で色々な着物を求めていることもあり、薄物・盛夏向けの着物も人気があります。着物は季節を感じることができるように、色柄などで暖かさや涼しさを感じられるようなデザインに物がたくさんありますが、生地も絽・紗・麻など通気性や吸水性が高く、夏場でも快適に着こなせるものがあります。

こういった薄物・盛夏向けの着物というのは近年ではあまり見られなくなりましたが、年間通して着物を着る機会が多い人にとっては人気が高く、着物買取でも問い合わせがくることがありますので、使わなくなった夏物の着物があれば一度持ち込んでみると良いでしょう。

夏物の着物の場合には、帯も透け感のある素材や織りのものを使用して、全体的に明るく涼やかな色味のものとなっています。また、絽や紗といった単で透ける生地を着用する場合には、下に着ている長襦袢がはっきり見えますので、シミや色落ちなどのない、きちんとしたものを用意しておく必要があります。着物買取では、入手しづらい夏物の着物はもちろん、帯や長襦袢なども高額買取をしており、普段組み合わせて使用するセットの状態で買取に出すと、すぐに着ることができますのでプラス査定になることもあります。

着物買取に持ち込むときには、シミや色落ちなどがないか確認しましょう。袷の着物の場合、裏地にカビやシミが発生していても裏地を取り替えることで元通りに使うこともありえますが、単の着物というのは裏地がないので表にすぐに色が出てしまいます。また、薄手の生地なのでしわになりやすく、着用後はしっかり水分を飛ばして綺麗にたたみ、圧迫しないようにゆとりのある収納を心がけましょう。もちろん、袷の着物の表地を単で仕立てた着物も買取の対象となっていますし、こちらは裏地をつけて、袷として使用することも可能です。不明なものは持ち込んでみると良いでしょう。

Copyright(C)2013 和装着物のいろは All Rights Reserved.